地域限定!ご当地で食べたいB級グルメ・群馬県伊勢崎市の伊勢崎もんじゃ

群馬県・伊勢崎市のご当地グルメ「伊勢崎もんじゃ」。こちらは、もんじゃといわれて思い浮かぶ料理とは少しちがっていて、材料に一風変わったものが使われているのだとか!甘じょっぱさが特徴で、ごはんというよりおやつとして楽しみたい1品です。今回は、そんな伊勢崎もんじゃの特徴とおすすめのお店を紹介していきます。

伊勢崎もんじゃとは?通常のもんじゃとのちがい…どんな特徴がある?

もんじゃ焼き、といわれたとき、具だくさんのお椀を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしこの伊勢崎もんじゃは、具が少ないのが特徴です。というのも、もともとは駄菓子屋さんにあった「もんじゃコーナー」で提供されていたもので、子どもたちが喜ぶおやつの一種だったのです。そのため具材は最低限で、チープな匂いの漂う、けれどどことなく懐かしい感じを与えてくれます。近年ではこの伊勢崎もんじゃで町おこしをしようという動きもあって、関連イベントも行われているそうです。

甘いシロップを生地に使用?!伊勢崎もんじゃ最大の特徴

伊勢崎もんじゃには珍しい特徴があって、それは「生地にシロップを入れる」というもの。子どものおやつ、という背景があってのことだと思われますが、初めて聞いたときにはびっくりする方も多いはずです。ちなみにシロップ入りは「アマ」という通称で、カレー粉を使用する「カラ」というタイプもあります。2つを合わせた「アマカラ」なるものも存在するそうで、そこは好みに合わせて注文することが可能です。一体どんな味が…と気になりますが、実際食べてみると、いちごシロップはまるで照り焼きのような風味に。おやつとして愛されているのもわかります。

昔懐かしの味を楽しもう!伊勢崎もんじゃを楽しめるお店2選

今では駄菓子屋で「もんじゃコーナー」を見ることはなくなってしまいましたが、お好み焼き屋や鉄板焼き屋など、伊勢崎もんじゃを食べられる店は多数存在します。今回はその中から2店を紹介していきます。

少し豪華なタイプもあり!「お好み焼き•もんじゃ KANSAI」

「お好み焼き•もんじゃ KANSAI」の伊勢崎もんじゃには、大きく分けて2つのタイプがあります。1つはキャベツのみが入った王道のタイプで、もう1つはキャベツに加え、揚げ玉や切りイカ、桜エビが入った少し豪華なタイプです。はじめて食べるという方にはぜひ一度は王道のほうを試していただきたいですが、豪華なほうはごはんとしても楽しめそう。もちろん「アマ」と「カラ」も選べるので、気分に合わせて楽しんでみてください。

店舗名:KANSAI 伊勢崎店
電話番号:0270-40-5228
所在地:群馬県伊勢崎市ひろせ町4103-1
HP:https://collabo-kansai.com/

ベビースターのトッピングがおすすめ!「島田もんじやき」

「島田もんじやき」では、昔ながらの素朴な味の伊勢崎もんじゃを楽しむことができます。具材はキャベツ、天かす、切りイカ、青のりで、味付けは「アマ」や「カラ」のほか、ソース味や激辛味などバリエーション豊富。ベビースターラーメンをトッピングすることもでき、おやつ感を楽しみたいときにはぴったりです。最初から生地に入れてしっとりした食感を楽しむもよし、後乗せでサクサク感を楽しむもよし、色々な楽しみ方ができます!

店舗名:島田もんじやき
電話番号:0270-25-3939
所在地:群馬県伊勢崎市曲輪町30-2
HP:https://tabelog.com/gunma/A1002/A100202/10002318/

生地にシロップを使用するという、ちょっと変わった特徴のある「伊勢崎もんじゃ」。かつて子どものおやつとして親しまれていた、どこか懐かしい雰囲気のご当地グルメです。群馬県・伊勢崎市で他にはない味を楽しみたいというときには、一度試してみてはいかがでしょうか。